代表挨拶

IGOCOCHI株式会社 代表 北浦雄太

「最期まで住み慣れた地域に生活し続ける」この「あたり前の生活」を実現させることが、ますます困難な社会になりつつあります。

特に、介護や生活上の支援が必要となった高齢者が、この思いを叶える事は並大抵の事ではありません。医療機関に入院された場合、退院時のお身体の状況によっては、ご自宅へ戻る事が困難なケースが多々あります。

IGOCOCHI株式会社は、こうした多くの高齢者やご家族の願いを実現したいとの思いから東京都新宿区より特定創業支援事業の認可を受け、誕生しました。

2013年春、小生は株式会社らいふ創設者、吉田伸一氏の教えのもと、神奈川県湯河原町を拠点に「介護付有料老人ホーム」の社会資源を活用し「地域高齢者活性」をスローガンに、様々な角度から地域交流活動を行いました。

行政、医療機関、薬局、町内会、商工会、観光協会、教育委員会、地元コミュニティエフエム局等と連携し「高齢者活性」には多職種の連携。すなわち「地域包括ケアシステム」が不可欠である事、そして高齢者が活き活きすると地域活性、地域貢献に結びつく事を学びました。

この経験を活かし、これまで延べ1000人以上の高齢者や障害者の居住支援に携わってきました。

お客様の課題を理解し、各種制度を把握し、地域の社会資源と連携し、スピーディーに繋ぐ。居住支援法人に求められるものは「ハード」ではなく、どのような生活がおくれるかの「ソフト(中身)」の把握が最も大切です。

地域包括ケアシステムの中に「居住支援法人」は必要不可欠です。地域の皆様と協力し、セーフティネットを構築する事が私の使命です。

代表取締役 北浦 雄太プロフィール

北浦 雄太

◆北海道苫小牧市出身

◆駒澤大学法学部政治学科卒業

特別養護老人ホーム生活相談員、介護付有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅管理者 、有料老人ホーム紹介センター相談員、地域高齢者向けサロン運営を経て2021年7月開業。

これまで東京、神奈川、埼玉、京都、宮城にて1,000名以上の高齢者や障害者の居住支援に携わる。

◆エフエム熱海湯河原「熱海湯河原生き生きらいふ」企画